Fスイミングクラブ会員規約

第01条(名称及び所在地)
団体名称はFスイミングクラブ(以下、「当該クラブ」という。)と称する。 当該クラブの主たる事務所の所在地は千葉市稲毛区あやめ台2-27-502に所在する。

第02条(目的)
当該クラブは、水泳指導を行い体力・知力・精神力を養い、心身ともに健康の増進および運動能力ならびに人格形成の向上を発達させ、もって地域社会・スポーツ業界の発展に努め、技術向上などの実現を目指すことを目的とする。

第03条(会員制度)
当該クラブは会員制とする。

第04条(入会資格)
当該クラブの入会資格は次の各号のすべてに該当しなければならない。
1.当該会員規約および使用細則、その他の諸規定を厳守しなければならない。
2.身体および精神の障害により医師等から運動禁止の診断または指示がない。
3.当該クラブの代表が適当と認めたとき。

第05条(入会手続)
当該クラブに入会を希望する者は、当該クラブの代表の承認を得たうえで、所定の申込手続きを行い完了する。 制限行為能力者は保護者の同意・医師の許可・担当承諾に基づき入会をすることができる。 この場合において、保護者は会員資格の有無にかかわらず本人と連帯して責任を負う。

第06条(会員資格の取得)
第5条の入会手続を完了し、所定の費用の支払いが期日に完了した日をもって会員資格を取得する。

第07条(入会金)
当該クラブに加入する場合は、所定の入会金を支払わなけれならない。 但し、当該クラブの代表が認めた場合は、減額または免除をすることができる。 なお、入会金は契約締結および履行の必要費であり一度納入した入会金は返還しない。

第08条(退会)
会員は原則1か月間継続後、いつでも退会することができる。 但し、退会は退会文書(電子文書含む)を当該クラブに送付・告知しなければならない。

第09条(除名処分)
当該クラブおよび代表は会員が次の各号の一つにでも該当するに至ったときは催告なしに除名および停止処分をすることができる。
1.レッスン料・入会金・その他費用の支払いが所定期日になされないとき。
2.当該クラブに関する名誉および信用を失墜させる行為をしたとき。
3.第三者に重大な損害および著しい迷惑行為等を行ったとき、またはその恐れのあるとき。
4.当該クラブの運営および目的に不適切と判断される非行・暴力・暴言等が生じたとき。
5.重大な契約違反等により信頼が失墜したとき。
6.入会書類等に虚偽の内容が記載されていると判明したとき。
7.当該クラブの代表が不適切だと認めたとき。

第10条(会員資格の喪失)
当該会員は、次の各号の一つにでも該当するに至った場合、またはその恐れがあると信じるにつき十分な根拠がある場合は、会員としての資格を失う。
1.第8条に定める退会手続きを完了したとき。
2.第9条により除名処分がなされたとき。
3.会員が死亡したとき。
4.破産等の申立てがあったとき。
5.入会が完了されたが所定の期間に利用がないとき。
6.最後の利用日から4か月以上利用がないとき。

第11条(休会)
当該クラブの代表は、会員の申立てにより休会を適用することができる。

第12条(会員以外の制限)
当該クラブの代表は、会員以外に利用を認めた場合は当該会員規約および使用規則、その他の諸規定を適用をすることができる。

第13条(必要費)
当該会員は、入会金以外にその他の必要費が生じた場合には支払に応じなければならない。

第14条(譲渡及び転貸)
会員資格は一般継承、特定継承および転貸を禁止する。

第15条(レッスン料等の支払い義務)
当該会員は、レッスン料、指導料、その他の費用の名目を問わず講習料、その他の費用等を定められた期限内に支払わなければならない。支払いがない場合、会員に対してキャンセル料請求する。

第16条(自己責任)
会員は、当該クラブの活動中および活動前後においても当該クラブの会員規約、使用細則、その他の諸規定、指導員の指示、施設利用規則に従い自己の責任において行動するものとする。会員の故意または重大な過失において損害が発生した場合は、当該クラブおよび指導員に損害賠償を請求することができない。また、会員がクラブの規約に重大な違反を行った場合、会員に対し、規約にそって請求する。

第17条(秘密保持の原則)
当該クラブおよび指導員は、個人情報保護法等に定める以上の高い基準で個人情報を保護し、個人情報を取り扱うにあたって利用目的達成に必要な範囲で取り扱うものとする。

第18条(第三者提供の例外)
当該クラブは、利用目的達成のため業務の全部または一部を第三者に委託することができる。但し、この場合においても第18条の定めに従い委託先の指揮監督を行う。

第19条(協議解決)
当該クラブおよび当該会員は、会員規約、使用細則、その他の諸規則に疑義が生じた場合は、相互に信義誠実の原則に従い協議のうえで速やかに解決を図らなければならない。

第20条(諸規定)
当該会員規約、使用細則、その他の諸規定に定めのない事項および業務遂行上必要な諸規定は当該クラブが別に定める。

第21条(レッスン料等の変動)
当該会員が負担すべきレッスン料等は社会事情、経済変動、租税負担の増減により不相当となったときは料金の改定をすることができる。

第22条(利用制限及び変更、停止)
当該利用に次の事由が生じた場合は利用制限又は変更、若しくは停止をすることができる。この場合において会員は当該クラブに損害賠償請求ができない。
1.天変事変により業務遂行に支障があるとき。
2.施設の改造、修繕補修、移転、改築などのとき。
3.法令等の改革、行政指導があったとき。
4.伝染性の病気、重篤な病気などにより業務ができないとき。
5.その他やむを得ない事由が生じたとき。

第23条(会員規約等の改定)
当該クラブの代表は、会員規約等を改定することができる。 但し、改定を実施するときは第25条の定めに従い告知することとし、改定した当該会員規約等の効力は当該クラブおよびすべての会員ならびに利用する者に及ぶ。

第24条(告知方法)
会員規約、使用細則、その他の諸規定に変更等が生じた場合は、原則1ヶ月前までにはホームページまたは文書にて告知する。 但し、やむを得ない事情がある場合はこの限りではない。

第25条(細則)
1.入会金は別に定める。
2.レッスン料その他の費用は別に定める。
3.その他諸規定は別に定める。

第26条(附則)
当該会員規約は2019年1月1日より施行する。

 

プライバシーポリシー

Fスイミングクラブ(以下「当社」といいます)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

個人情報の利用目的お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

個人情報の第三者への開示・提供の禁止当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

  • お客さまの同意がある場合

  • お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合

  • 法令に基づき開示することが必要である場合

 


個人情報の安全対策当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

ご本人の照会お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

法令、規範の遵守と見直し当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

 

運営組織

事業所名 Fスイミングクラブ

代表者  深作 方哉

 

住所   〒263-0052 千葉県千葉市稲毛区あやめ台2-27-502

    

代表電話 080-5091-6051 

mail  fsuiemig.fukamasa@gmail.com

事業内容 

水泳個人指導・個人レッスン・スイミングインストラクター派遣

コーチ陣紹介​!

​深作代表

  • Facebook
  • Twitter

一言挨拶

​お客様の目標をサポートいたします!

​坂田主任コーチ

一言挨拶

​レベルアップのお手伝いします!