• Fスイミングクラブ 深作

クロール息継ぎができない原因ベスト3!

最終更新: 3月3日

こんばんは!Fスイミングクラブです。今日は呼吸(クロール)時に難しいという方の原因を書きます。

一口にクロールの息継ぎができないと言っても、その理由は人それぞれです。なぜ、息継ぎができないのか、次のような代表的な3つの理由があります。

1.体が沈む

クロールの息継ぎをする際、どんどん体が沈んでしまって息継ぎができないことがあります。このような現象が起こる一番の原因は、息継ぎをしっかりしようとするあまりに、顔を上げすぎていることにあります。

シーソーの片方を上げると、片方が下がるように、上半身を起こしすぎてしまうと、下半身が沈んでしまうことから、息継ぎの時に体が沈んでしまうという方は、体を水平に保つことを意識する必要があります。

2.息継ぎをしているのに苦しい

息継ぎはできているはずなのに、苦しくなってしまって、ついプールの途中で立ってしまうという方は、息継ぎが上手くできないせいで、バランスよく呼吸ができていない可能性があります。

水泳の呼吸は、水中で息を吐き、水から顔が出たら息を吸うのが基本ですが、息を吐く量が少なかったり、必要な量を吸えなかったりすると、呼吸のバランスが崩れて、苦しくなってしまいます。

3.口に水が入る

息継ぎをしようと顔を横に向けた瞬間、口の中に水が流れ込んできて、息を吸えないどころか、水を飲んでしまった…という経験をされた方は多いのではないでしょうか。この原因はいろいろあります。

例えば、「顔が水から出ていない」「口の開けすぎ」「無理に吸い込んでいる」などがあげられます。口に水が入ってしまうという方は、これらのいずれかが当てはまるのではないでしょうか。

当クラブは、そのような原因を取り除くお手伝いを致してます。

是非一度お問い合わせ下さい!


118回の閲覧