• Fスイミングクラブ 深作

水が嫌いな子供の原因について

最終更新: 3月3日

こんばんは!Fスイミングクラブです。

今日は、当クラブ一番相談が多い水が、嫌い”!なお子様の原因についてお書きします。


最初から水を怖がることなくプールに入って行けるお子さまもいれば、顔にちょっとでも水がかかると泣き出してしまうお子さまなど、プールでは様々な子供たちの姿を見ることができます。では、プールが嫌いなお子さまは、どのようなことが原因でプールに苦手意識を持ってしまうのでしょうか?

◆水に対してネガティブな印象を持っている プール嫌いになる大きな原因とも言えるのが、子供たちが持つ水に対してのネガティブな印象です。水に対して嫌な印象を持ってしまうケースとしては、「肌に触れた水が想像以上に冷たかった」や、「突然顔に水がかかってきて恐怖感を感じてしまった」などがあります。水が原因で嫌な思いをした経験が、水にネガティブな印象を持ってしまう1つの原因となる場合があります。

◆鼻や耳に水が入ってしまった経験がある プールの時に、鼻や耳へ水が入ってしまった経験はありませんか? あの経験は大人でもいい気持ちのするものではありませんし、子供にとっても不快なものです。鼻に水が入った時のツンとした痛みや、耳に水が入った時の不快感は、子供たちの「水=嫌なもの」というイメージの要因になると考えられます。

◆無理やり水へ顔をつけられたなど怖い思いをした経験がある 水に慣れてもらうために、力ずくとまではいかずとも本人の意志とは別で水面に顔をつけさせた経験のある大人は少なくありません。 しかし、子供からしてみればその経験は恐怖以外のなにものでもないのです。ほかにも、興味本位で足のつかないような深いプールに入って溺れそうになった等、プールという環境下で何かしらの恐怖を感じた子供は、その恐怖心からプールが苦手になってしまうことがあるようです。


当クラブは、受講生が、水が嫌いを克服した実績豊富でございます!

うちの子供がプール嫌がってるから、プールの授業とか、大丈夫かしら?

このような、お悩みぜひご相談ください。



2回の閲覧